新宿でおすすめ皮膚科3選 - アトピー治療で新宿で評判のおすすめ皮膚科3選

新宿でおすすめ皮膚科3選

▼目次

アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

皮膚の病気として悩みを抱えている人が多い病気の一つにアトピー性皮膚炎があります。
アトピー性皮膚炎はかゆみがある湿疹が発生する症状で、なかなか治癒せず悩んでいる方も多いことかと思います。
治ったと思ったらまた発症してしまい、それを繰り返すケースも多いです。
自分で治すよりも専門的なクリニック、病院で専門的な治療を受けることで治していくことができるので、まずは医療機関を受診されることをおすすめします。

アトピー治療を専門として行っている病院も多くありますが、どの病院で受診するのか悩んでしまうことでしょう。
自分に適した治療を行ってくれる病院での治療がおすすめになります。
東京都新宿区には多くの病院がありますが、その中でもアトピー性皮膚炎の治療においておすすめできる病院をご紹介したいと思います。
東京都新宿区は新宿駅を中心としたエリアで歓楽街やオフィス街になっており、東京都3台副都心の一つとなっています。
渋谷、池袋と並ぶエリアになるんですね。

新宿でアトピー性皮膚炎治療で評価の高いクリニック

そんな新宿区においてアトピー性皮膚炎治療でおすすめ第一位の病院として、新宿駅前クリニックがあげられます。
新宿駅前クリニックは名前の通り、新宿駅から非常に近くアクセスが良いクリニックとなっています。
新宿駅西口から徒歩1分の所に位置していて、また病院としては比較的遅い時間まで受診することができますから、仕事帰りなどに受診することも可能なのも便利なポイントです。
初診の方の場合は18時まで受付していますし、また再診の方であれば19時まで保険診療を受けることができます。

お仕事をしているとなかなか忙しくて病院が開いている時間に受診することができないと悩んでいる方も多いと思うんですね。
仕事のストレスなどを抱えているとどんどんとストレスなどが原因となりアトピー性皮膚炎も悪化してしまう、だけど病院を受診することができないため余計に悪化していく、なんてことにもなりかねません。
悪化してきたら早めの受診、治療が必要になりますから、きちんと適切な病院を受診することが必要です。
お忙しい方も仕事帰りに気軽に受診することができる新宿駅前クリニックはとてもおすすめなのです。

また外来実績も年間10万人と非常に多いため安心して受診することができます。
また待ち時間も短く、予約なしでも来院してすぐに診てもらうことができるというメリットもあります。
保険診療においてアトピー性皮膚炎以外にも様々な皮膚にかかわる症状の治療を行ってくれます。

また新宿駅前クリニックの次におすすめできるクリニックとして、ヒロオカクリニックがあります。
ヒロオカクリニックは新宿御苑駅から徒歩3分というアクセスの良いところにあり通いやすいです。
皮膚科やアレルギー科がありますので、アトピー性皮膚炎の治療にも適しています。
皮膚科やアレルギー科については土曜日の午前中もあいているので平日はお仕事が忙しいという方もお休みの土曜日に受診することができます。

専門医の方が診察してくれますので、高水準である医療サービスの提供を行っているため、より専門的な治療を受けることができます。
また特に紹介状等も必要ありませんし、予約をしていなくても治療を受けることができます。
急にどうしても受診したいというような場合にもおすすめですね。

また東京都新宿区西新宿にある西新宿皮フ科クリニックもおすすめの皮膚科になります。
西新宿皮フ科クリニックは皮膚一般治療のほかにも美容的な治療も行っています。
レーザー治療などもありますので、保険外診療での治療も可能となっています。
もちろん美容的な治療だけでなく医療的な保険診療もありますから、アトピー性皮膚炎で悩んでいる方も受診して専門的な治療を受けることができます。

平日は19時まであいているのでお仕事終わりなどに受診することができます。
これはとてもありがたいポイントですよね。
また土曜日に関しても10時から16時まであいています。
土曜日の場合ほかの皮膚科では基本的に午前診療のみの所が多いのですが、16時まで受診することができるのはうれしいですね。
土曜日の昼からでも受診することができます。
都合に合わせた受診が可能です。

さいごに

アトピー性皮膚炎の治療をするためにはまずはこういったおすすめの皮膚科に受診して専門的な治療を行ってもらいましょう。
アトピー性皮膚炎になってしまう原因としては体質的な問題があるケースもありますし、またストレスなどの外的要因が原因となっているケースもあります。
ですのでストレス等が原因である場合にはそのストレスをなくしていく必要があります。
また皮膚に対する刺激としてカビ、ダニ、ほこりなどが原因となっている場合があります。
ハウスダストが原因として考えられる場合にもそういった要因を取り除く必要があります。
そして治療薬と共に治療を行っていくようにするべきなんですね。
治療薬を使いながら原因を排除していく必要があるのです。

参考:日本皮膚科学会